Information お知らせ

【募集】第7期(東京)職場の基礎代謝(R)改善ファシリテーター養成講座

東京(第7期)職場の基礎代謝(R)改善ファシリテーター養成講座

<日時&場所-土曜日・日曜日の2日間連続の講座>

2019年05月11日(土)10時00分~18時30分 & 05月12日(日)10時00分~16時30分

ビジョンセンター田町2階&4階(当日の会場は1階の掲示板にて)

東京都港区芝5丁目31−19 ラウンドクロス田町

https://www.visioncenter.jp/tamachi/access/

第7期(東京開催)お申込みは、下記のお申込みフォーム(別ページへリンク)からお願いいたします。

https://business.form-mailer.jp/fms/d3ea0b17102181

 

<講座の目的と受講の対象>

当講座では、書籍に記載されている「職場の基礎代謝」のベースとなる考え方の習得により「働き方改革」や「働きやすさ&働きがい」の推進、人材の採用・定着・育成の促進など、実際の職場で活用されることを目的として設計されています。

 

第1期~第5期までの受講生の比率は、

 

※士業(社会保険労務士・行政書士・中小企業診断士)ー22.2 %

→(主な受講理由)顧客に対する新たな提案。就業規則や制度設計における抜本的な取り組み支援として。

 

※コンサルタント業・講師業 ー41.6 %

→(主な受講理由)自身が持つ知識・経験・資格との親和性。講師陣&受講生とのネットワーク構築として。

 

※会社経営者・管理職・人事担当者ー25.0 %

→(主な受講理由)自身の「マネジメント力」の向上。自社の「生産性の向上」や「働き方改革の推進」として。

 

※一般(係長や一般社員ほか)ー16.2 %

→(主な受講理由)自社をもっと良い職場にしたいという単純な動機。将来へ向けてのキャリアアップとして。

 

<多彩なゲスト講師陣>

単に「職場の基礎代謝」についてお伝えするたけでなく、人材育成や組織開発など様々な観点からの知見を広げることも加味し、各回でゲスト講師もお招きいたします。

第1期~第6期のゲスト講師は、

※野田 稔(明治大学大学院 グローバルビジネス研究科 教授)第1期~第4期

※小山 邦彦(社会保険労務士法人 名南経営 相談役)第1期~第2期、第6期

※高橋 俊介(慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 特任教授)第5期

 

今回の第7期(2019年5月ー東京開催)は、

(メイン講師)白井 旬(職場の基礎代謝(R)専門家/沖縄人財クラスタ研究会 代表理事)

(ゲスト講師)土井 哲(株式会社インヴィニオ CEO / Educer)ゲスト講師の詳細は下記リンク

http://www.invenio.jp/about/educer_doi.html

<受講料・認定料・入会金・年会費>

※講座受講前までにお支払いいただくもの

-受講料:168,480円(試験料、消費税込み)

-申込フォーム入力・確認・送信後に届きますメールに記載されております銀行口座ににお振込みください。

-請求書が必要となる方は、上記で届くメールに返信する形で、請求書の宛名(企業名や屋号)などをお知らせください。

 

※講座受講後にお支払いいただくもの

-認定料:27,000円(税込み)

-入会金:10,800円(税込み)

ー年会費:12,960円(税込み)

※認定料は、受講後合格通知メールの受領後から3週間日以内にお支払いいただきます。

※「職場の基礎代謝(R)改善ファシリテーター」として活動していただくためには、認定取得と共に、当会への入会が必須となります。

 

※受講料・入会金・年会費 に含まれるもの

ー講師用「職場の基礎代謝」基礎講座用のテキスト(パワーポイント、PDF)

ー第7期(東京開催)「職場の基礎代謝」改善ファシリテーター養成講座のテキスト(PDF)

ー第7期(東京開催)「職場の基礎代謝」改善ファシリテーター養成講座の復習用動画(講座の風景)

ー第8期以降の養成講座のテキストと動画、基礎講座用テキスト、各種ツール一式(随時、メールで最新版をお届け)

ー第8期以降の養成講座の復習あるいは新コンテンツ・新講師からの講座聴講を希望される場合は、特別価格-10,800円(税込み)のみでご参加いただけます。

当養成講座は、メイン講師:白井+ゲスト講師1名(4~6名で各回で変わります)で開催してまいります。

第7期(東京開催)お申込みは、下記のお申込みフォーム(別ページへリンク)からお願いいたします。

https://business.form-mailer.jp/fms/d3ea0b17102181

 

<講座内容およびスケジュール>

講座は、講義形式(知識の習得)とワーク形式(実践の練習)を組み合わせ、2日間に渡って開催されます。(定員:16名)

1日目は、10時00分~18時30分(お昼休憩1時間)。2日目は、10時00分~16時30分(お昼休憩1時間)となります。1日目終了後、任意参加で懇親会(別途、会費制)を予定いたしております。

合計13時間の講義の中で「職場の基礎代謝」のベースとなる考え方の習得、人材育成や組織開発の関連知識を理解していただきます。

最終的には「職場の基礎代謝(R)改善ファシリテーター」として、90分の「職場の基礎代謝(R)基礎講座」を開催できるようになります。また、「職場の基礎代謝(R)」の基本となる「不の解消」を活用することで、既存のコンサルティングや研修・講座の内容に深みや広がりが出てきます。

そして、ご自身のこれまでの経験や資格を活かすことで、例えば「管理職研修×職場の基礎代謝」「働き方改革×職場の基礎代謝」といったアレンジで展開することも可能です。

職場の基礎代謝(R)専門家である 白井 旬 の経験や資格を活用した例でいえば「アンガーマネジメント×職場の基礎代謝」「レゴ(R)シリアスプレイ(R)×職場の基礎代謝」は人気研修メニューとなっております。

また、企業経営者や管理職そして人事担当者の方については、「職場の基礎代謝(R)」というOSにアップデートすることで、自社内における人材育成や組織開発の推進力が増すとともに、課題の本質的な解決に役立ちます。

2日間の講座において、お伝えする内容の一部をご紹介します。(場合により、変更となる可能性があります。予めご了承ください)

-能力と実力の違い

ー職場の基礎代謝とは?

-職場の基礎代謝が下がる仕組みとは?

-能力×不〇〇=実力低下を解消する

-社員の能力×職場の基礎代謝=会社の実力(組織の生産性)

-動画で見る成功事例(沖縄県人材育成企業認証制度より一部抜粋)

-組織開発の歴史に見る「職場の基礎代謝」と位置づけ

ー実践トレーニング(不の解消ワーク、講義内容アウトプットなど)

ー役立つグループワーク(人材育成や組織開発に役立つワークなど)

ー認定試験

ー2日間のまとめ・質疑応答・今後の流れ

 

<認定の要件>

「職場の基礎代謝(R)改善ファシリテーター」資格の認定は、同講座を受講するだけでなされるものではりません。認定の要件は次のとおりです。

特定非営利活動法人沖縄人財クラスタ研究会(以下「当研究会」という)が主宰する「職場の基礎代謝🄬改善ファシリテーター」養成講座について、講座時間全13時間のうち10時間30分以上の時間を受講をすることが必須条件となります。

そのうえで、同講座にかかる認定試験に合格し、次の各号に掲げる条件の全てを満たした方に対して、当研究会より「職場の基礎代謝(R)改善ファシリテーター」資格(以下、「本資格」という)の付与(資格認定)がなされます。

1-本資格の付与を受ける時点で、満20歳以上であること。

2-職場の基礎代謝(R)の考えを伝えるに足る日本語能力を持っていること。

3-反社会的勢力組織の構成員又はそれに準ずると当研究会が判断する方でないこと。

4-過去から現在において、禁錮以上の刑に処せられていないこと、その他重大な法令違反を犯していないこと。

5-心身共に健康であり、精神疾患を発症中・治療中でないこと。

6-受講規約その他の当研究会の規定する規約等に違反をしたことがないこと。

7-本資格の認定料金27,000円(消費税込み)を、当研究会に対して支払っていること。

8-「職場の基礎代謝🄬改善ファシリテーター」規約に同意し署名していること。

9-その他、本資格の付与をするのに適当でないと当研究会が判断する事実がないこと。

 

<ご挨拶(ご受講にあたり)>

この度は【職場の基礎代謝(R)改善ファシリテーター】養成講座の受講をご検討いただき誠にありがとうございます。職場の基礎代謝(R)の発案者・白井 旬です。

 

今、日本の職場は、採用難・人手不足のうえに、「動いて欲しいのに動かない」「育って欲しいのに育たない」「続けて欲しいのに続かない」という課題を抱えています。

 

その課題を解決しようと職場のリーダーは、セミナーへの参加や他社事例の研究を続け、まさに試行錯誤を繰り返しながら様々な手法に取り組んでいますが、大きな改善はみられず、結果として深い悩みを抱えるリーダーが増えています。

 

そのリーダーたちの悩みを解消し、職場の問題を解決するシンプルな考え方がひとつあります。

 

それは「職場の基礎代謝」を上げるというものです。

 

(参考)職場の基礎代謝の概要は
https://www.human-okinawa.org/syokuba-kisotaisya/

 

今、日本の多くの企業は「職場の基礎代謝」が下がった状態に陥っており、その状態で闇雲に手を打っても、一時的な効果、あるいは、限られた結果しか得られないのは、当たり前のことかもしれません。

 

「企業(は)人なり」という言葉がありますが、「企業(も)人なり」です。

 

企業を人(=法人)として捉えることで、問題を細分化でき、解決可能な課題として認識できるようになります。職場の「基礎代謝」を下げている原因を見つけ、「基礎代謝」を上げるように対処すれば、職場の多くの問題は解決の方向に向かっていきます。

 

この「職場の基礎代謝」という考え方を用いることで、今、職場にいるメンバーに最大限の実力を発揮(=労働生産性のアップ)してもらえるようになります。

 

結果として、業績アップ(売上や利益)が実現するだけでなく、社員の定着率・採用力までもアップします。

 

このことは、日本の優先課題のひとつである 「働き方改革」の重要なポイント「労働生産性のアップ」(長時間労働の是正/女性の活用推進など)にも効果を発揮します。

 

是非、あなたも【職場の基礎代謝(R)改善ファシリテーター】として、職場や地域や日本や世界をイキイキとする取り組みを一緒に行っていきましょう!

 

<発売1ケ月で増刷に>

2018年4月10日に発刊された【生産性を高める職場の基礎代謝~社員の「不」を解消し、能力を引き出すヒント】(合同フォレスト)(以下、書籍)は、わずか1ヶ月で増刷(重版出来)となりました。

 

また、発売直後の4月には、東京八重洲ブックセンターにて、週間ベストセラ― 経済・経営部門(4月15日~21日)で1位を獲得いたしました。

 

それに加えて、5月08日~6月26日までの2ケ月の間、Webマガジン「幻冬舎ゴールドオンライン」において【組織の生産性を向上させる「職場の基礎代謝」という考え方】と題し合計15回の連載が組まれ、書籍の第1章と第2章が紹介されました。

外部リンク[連載]組織の生産性を向上させる「職場の基礎代謝」という考え方

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

職場の基礎代謝(R)改善ファシリテーター養成講座事務局

ドリームプラン・プレゼンテーション沖縄2019 大会事務局

職場と街角を元気にする「オキナワニッポン!」プロジェクト

働きがいTV 絶賛放映中!WEBでご覧になれます

http://okinawa-jinzai-ninsyou.jp/hatarakigaitv/

平成30年度 おきなわ企業魅力発見事業 事務局

平成30年度 県内企業雇用環境改善支援事業 事務局

特定非営利活動法人沖縄人財クラスタ研究会

電 話:098-943-7789
ーーーーーーーーーーーーーーーーー